距離約330~240km地点から撮像したリュウグウ

2018年6月17日(協定世界時)、約330~240kmの距離からONC-Tによって撮像されたリュウグウ。

形状は球形というよりも少し角ばった多角形に近い形をしている。
連続撮影した写真を並べると 探査機は自転するリュウグウ(自転周期約7.6時間)の赤道面の上を進みながらリュウグウに接近していることがわかる。
リュウグウ到着の早い段階からリュウグウを赤道面上から全球的に観測できるのは今後着地点選定を行う上で大きな利点となる。
そろばんの珠(たま)のように赤道面がわずかに膨らんで見えるのはリュウグウ表面のレゴリスが何らかの力を受けて赤道面へ移動したことで生じた地形かもしれない。
わずか約30ピクセルの幅にリュウグウをおさめた低解像度の画像であるが、大きめのクレーター(衝突による円形の窪地)が赤道上(画像中央から左側)と極付近(画像中央から上側)に見える。
現段階での小惑星の見え方を過去の探査と比べると、欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機ロゼッタがフライバイした直径約5.3㎞のE型小惑星シュタインス(下図)と似ているようにも見える。

Copyright: ESA ©2008 MPS for OSIRIS Team MPS/UPD/LAM/IAA/RSSD/INTA/UPM/DASP/IDA

今後高解像度の画像が取得されると、クレーターの詳細な形状や今見えるものよりもさらに小さい地形が見えてくると期待できる。

画像提供:
はやぶさ2 ONCチーム(JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です