リュウグウの両半球

2018年6月30日14時13分(左)、10時21分(右)ごろ(協定世界時)、約20 ㎞離れたホームポジションから撮像したリュウグウの異なる2つの半球面。

これらの画像は空間解像度約2 mで撮像されており、表面の様子がはっきりと観察できる。
両半球ともに輪郭は独楽の形を示しているが、 ところどころで凹んだり膨らんだ形をしている。
ボルダーの数はどちらの半球でも多く、画像の一部を切り取ると小惑星イトカワと見分けがつかない。
右側の画像上部(南半球の極域)には特に大きいサイズ(縦約120 m、横約150 m)の明るいボルダーが1個あり、左側の画像上部にそのボルダーの先端がわずかに見えている。 さらにこのボルダーから赤道側に向かって谷のように窪んだ地形が続いているようにも見える。
わずか直径900 m大の天体でもこうした多様な地形が広がっていることは大きな発見であるといえる。

画像提供:
はやぶさ2 ONCチーム(JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です